ブログトップ

和紙日記

dd907.exblog.jp

更新は終了しました(THE END)


d0358934_15432086.jpg
d0358934_15423031.jpg
d0358934_13553368.jpg
d0358934_13552236.jpg
d0358934_12595482.jpg
d0358934_12594202.jpg
d0358934_14100402.jpg
d0358934_12430101.jpg
水彩画。BGMはオットー・クレンペラーの「リエンツィ」。
d0358934_12440870.jpg
d0358934_12445203.jpg
d0358934_13373167.jpg
d0358934_13384355.jpg
切り貼りより描く方が楽ちんです。
d0358934_13414369.jpg
d0358934_13414369.jpg
d0358934_16282011.jpg
d0358934_13031030.jpg

d0358934_11463440.jpg
d0358934_11470902.jpg
もう作品がないので、以前ご紹介した作品を載せて最後とさせていただくことにします。
d0358934_11473573.jpg
d0358934_16404293.jpg
2年に一度開催される、ちぎり絵の個展「和展」(2016年度・上野の森美術館)での展示風景。審査員は日展の画家のほか、歌舞伎役者の片岡愛之助さんもこの時から加わりました。
d0358934_16410709.jpg
d0358934_16292699.jpg
毎日、定期的に訪問していただいた方達に感謝とお礼を込め、終わりにしたいと思います。
短い間ではございましたが、ありがとうございました。
(ブログは消さずに残しておきます)
d0358934_12083015.jpg
d0358934_12081658.jpg
皆さま 良いお年を! ・・・2017.12  冬の日



[PR]
# by dd907 | 2017-12-31 17:07 | 和紙ちぎり絵 | Trackback | Comments(1)
d0358934_13394584.jpg
2006年に、フランスでの出版から60年ぶりに新訳で再出版されており、久々に読んだ「星の王子さま」。この本は10代の頃に読んでいるはずだが、もうすっかり忘れてしまっていた。30代の時に一度、友人に「この本は大人になってからの方が面白い」と聞かされても、以来読むこともなくあれからさらに10年以上の年月が経ってしまっていた。サン・テグジュペリと同様、アメリカの女性飛行家アメリヤ・イヤハートも1937年7月2日、世界一周飛行の途中、南太平洋で消息を断ち還らぬ人となった。日本ではあまり知られていないものの、アメリカでは広く知れ渡り未だに人気が衰えないという。近年、「女性リンドバーグは不時着死していた」という見出しでニュースでも流れたらしい。「星の王子さま」は日本ではミュージカルにもなっている。あっ、路線変更しなくては・・。先日、この本を本屋で購入してついに手元にやってきた。本(映画や音楽等も含め)には人それぞれ「今でしょ」という旬的なものがあり、それが古い本でも新しい本であっても、その人にとっては初めての未知の世界。これでようやく星の王子さまと縁ができるというもの。「うふふ、仲良くしてね」早速本を開く。どれどれ・・・。ところが、数ページ読み始めて気がついた。「ん?むむっ、この本は思っていたより読みづらい・・」。児童文学と言われていたのでもっと軽く読めるものと、たかをくくっていたが、早くも形容しがたい難儀さの壁にぶつかった。冒頭に出てくる大蛇のボアや、「羊の絵を描いて」と主人公にせがむ「星の王子さまの場所」に、「自分」が身を置けるようになるまで少し時間がかかってしまったのだ。どうしたもんじゃろう?どうやら大人になってしまった感性から、子供の感性に戻るスイッチの切り替えが必要らしい。こういう技は著者がパイロットだったため、飛行機操縦の時のギアチェンジからくるものなのかもしれない。切り替えをしてからは、最後まで一気に読めて切なさも含め楽しめた。砂漠に不時着したパイロットの主人公が、そこで出会った小さな少年と世界の果てで2人きり。おかしなことばかり言う坊やに、戸惑うパイロット。王子さまが7番目にたどり着いたのは私たちの住む星、地球。キツネやヘビとの出会い。はてさて、これからどうなるの・・・?誰もが持つ自分だけの星。大切なものは目に見えない。世界中で読まれているこの児童文学書をわからなかったら、ボアどころではなく私はアホだということが判明してしまうところだった。こんなダジャレばかり言っているのがいけない・・ふうーっ(汗)。ちいさな姪たちに、お餅を焼いてあげて待っている時に「おもちろい?」と尋ねると、「オモチロイだって!」なんてことのほかウケてくれる。が、何を隠そう私あたり「何かようかい(妖怪)?」で頰が緩んでしまい、嬉しくなってしまう。子供の頃、直径1cmほどの丸い蛍光シールが沢山入ったものを買い、星座盤を見ながら天井に星座を作り、貼った事を思い出す。夜が待ち遠しくて、電気を消すと真っ暗な部屋に星空が浮かび上がり興奮していた。少し大きくなると、楽しむ場所はプラネタリウム館へと変わっていった(よく行っていた渋谷のプラネタリウム館は、残念ながら閉館してしまったらしい)。時には、草むらの中でイガイガ、トゲトゲのひっつき虫とよんでいた栗のようなちいさな植物が、セーターに付いただけで大喜びしてはしゃいでいた。あの植物はなんの実だったのだろう?そこには確かに、子供だけの時間と空間の「世界」があった。あれれ?貼っていた?今、下手ながら私が作っているちぎり絵も、切り貼りの作業の連続だ。原点はもしかしてここから?普段、子供時代を振り返ることがなかったので、いいきっかけになりました。また、こういうやらかい文章に憧れる私は、たまに夜空を見上げてみようと思います。王子さまのバラと羊はどうなったかな・・・?と。

d0358934_13420423.jpg
郵便輸送のラテコエール航空会社から、アエロポスタル社に経営を引き継がれ、工場長に任命されたサン・テグジュペリ。
d0358934_13422375.jpg
滞在していたフランス、トゥールーズのホテル。
d0358934_13434903.jpg
d0358934_13451127.jpg
ミディ運河。ここから出発して世界中を旅したサン・テグジュペリ。
d0358934_13443433.jpg
d0358934_12431277.jpg
部屋の中で簡易プラネタリウム。この時期、南東の夜空には「冬の大三角」が鎮座しています。大三角はオリオン座の「ペテルギウス」、おおいぬ座の「シリウス」、こいぬ座の「プロキオン」で構成されています。オリオンには2つの1等星があり、左上の赤い星が「ペテルギウス」で大三角の頂点です。この中を淡い天の川の銀河が流れます。ちなみに(シュワッチ)ウルトラマンの故郷「M78」は、オリオン座にあるという設定です。このMは、星雲ごとに番号をつけてカタログを作成したフランスの天文学者、シャルル・メシエの頭文字です。
d0358934_12434528.jpg
他に、冬の夜空を代表するのがはくちょう座で、星の十字架が現れ、翼を広げた天空を舞う白鳥のような形から「北十字星」とも呼ばれています。JAXAの探査機「はやぶさ2」は、来年の6~7月に小惑星「リュウグウ」(地球と火星の間にある惑星)に到着だそうで。王子様が住んでいた小惑星はB612。そこにいるやも・・・。
d0358934_12460967.jpg
次回で最終回です。


[PR]
# by dd907 | 2017-12-27 09:25 | | Trackback | Comments(0)